読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴルで理学療法士

青年海外協力隊として2014年10月~2016年10月、モンゴルに派遣。その記録です。

モンゴルはどう?

Монгол ямар бэ.

「モンゴルの生活はどう?」

 

これは、モンゴルにいる間に幾度となく聞かれました。

下手すると、1日に10回近く聞かれたのではないかと。。

 

初めて会うモンゴル人は、あいさつの次にこれを聞いて来る、というのが

隊員の中でもウワサされていました。

 

でも、未だにこの質問にうまく答えられているのかわかりません。

 

モンゴル語で聞かれた時、あまり話せないうちは

”Гоё(ゴイ:すばらしい、かっこいい、ステキ)”と答えていました。

 

ちょっと話せるようになってからは

”Байгаль таалж байна(バイガリ タールジ バエン)”

「自然が気に入っている」とか、田舎の景色がいい、と答えるようになりました。

 

自然は本当に素晴らしいです。

 

でも、一人で大自然を観に行ってもさみしいだけなのです。

実際、一人で大自然を観に行く機会はありませんでした。

 

同僚に連れて行ってもらった、家族のうちで過ごした何日間が本当に素晴らしかったです。

家族が来た時に見た田舎も、

友達といった田舎も、

馬を乗りに行った郊外も、広大な景色が本当に素晴らしかったです。

 

モンゴルの生活がどうだったか。

 

モンゴル人の同僚や患者さんを通してお知り合いになった人たちや、

日本人ボランティアやJICAの職員のボランティアのサポートをしてくださる皆さんが

いつも一緒にいてくれました。

 

日本から、家族や友人が遊びに来てくれました。

 

本当にいろんな人たちに支えられて生活して、

いいところだけ見てて生活できました。

 

仕事にも、そこそこの充実感を得ました。

自分がやった仕事なんです、と言えることがありました。

でも、継続されているのかは自信がありませんし、自分自身の勉強不足を痛感して

もっとできたことがあると思います。

 

今後も貢献できたらいいなあと思っています。