読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴルで理学療法士

青年海外協力隊として2014年10月~2016年10月、モンゴルに派遣。その記録です。

ウランバートル隊員送別会

モンゴルから離れるのがさみしくてセンチメンタルです。

 

モンゴルに永住したらどうだろうとか、

できるのかしらとか、ふと考えていますが、答えが出るわけもなく。

 

今日は、ウランバートル隊員みんなで送別会をしてもらいました。

仲良し同い年隊員が、私がぽろっとやりたいと言ったことを覚えててくれて、

素晴らしい行動力で実行に移してくれました!

すてきなプレゼント下さるんですって~わくわく。

 

せっかくJICAボランティアで海外に住んでんのに、日本人とつるんでるのかよ!

て、なる方もいると思うんですが

 

やはり何をやるにも、言葉がスムーズに通じて、意思疎通が図れて

そういう環境て楽だな~~~~て再確認して、

ほかの隊員なくして、わたしのボランティア生活はありえなかったです。

 

いろんな浮き沈みがあって、

日本人と話していると、モンゴル語がまた話せなくなるからいやだなあとか焦った時期もあるし

毎日会いたくて、いろんな隊員との予定が詰めつめになってた時期もありました。

 

今ようやく、程よい距離感な気もするけれど、もっと一緒に遊びたいのに、活動が詰まっていて控えざるを得ません。。

ちょっと寂しい。。

 

ウランバートル隊員でいられて、本当に幸せでした。