読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴルで理学療法士

青年海外協力隊として2014年10月~2016年10月、モンゴルに派遣。その記録です。

近所の少年

先日、またまたトランペットの練習に行った帰り、

楽器を持ちながら、自宅マンションに差し掛かりました。

 

「子どもたちいるかな~」と思いながら近づくと、中庭よりも外に、たくさんの子どもたちがいました。

連日、天気が良くて温かいので、みんな外遊びして走り回っていました。

 

「いつ吹いてくれんの?」と男の子が言うので、

「今吹く??」というと、うなづく子ども。

鉄砲のおもちゃ持って遊んでいる途中なのに、中断してくれました。

 

夕暮れの中、先日練習しておいた、モンゴルの歌を吹きました。

「チクチー チーネービッシェー ヒーヘー ウールー ウガヤー

ヒミフーワッ ゴヨゴヨ ゴッヨ」

という、童謡。

曲名わかりませんが、歌の意味は、

「耳一人で洗えるもん!かっこいいでしょ!」

です。訓練所で、同期と先生が教えてくれた歌です。

 

2回吹いて、知ってる?というと、歌ってくれました。

「じゃー、次は『赤ちゃんこっちきて』ね」とリクエスト頂きました。

曲は知っていましたが、アドリブで吹けるような技術ないので、ご遠慮して、また今度、ということに。

 

「吹いてみる?」というと

目を輝かせる少年たち。

f:id:yuki12-99:20160729022839j:plain

こういうのが、一番楽しい~

一応出し方教えるけど、何人かすんなりうまく音出せる子がいるんですよね。必ず。

 

そういう子がどうだ、どうだ、と吹くのを見て

ほかの子がまた「ぼくも、ぼくも」てなって、

そして、隣にいた赤ちゃんを連れたお母さんのアドバイスのおかげなのか、

こんな感じで行列ができてました。

f:id:yuki12-99:20160729022937j:plain

さっき買ったばかりのアイスが溶けるのと、

日が暮れてきたので、「じゃー帰るからあと一人ね!」と無理やり切り上げました。

 

中庭に入るとほかの遊んでいた女の子が

「この人だよー!さっき楽器吹いてたの!」と叫んで指さされました。

 

一気に知り合いまた増えた感じがします。

今朝も男の子の一人に会って、覚えててもらえてなんだかくすぐったい嬉しさです。