読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴルで理学療法士

青年海外協力隊として2014年10月~2016年10月、モンゴルに派遣。その記録です。

ナーダムのホーショール

モンゴルのお祝いごとには

「ボーズ」

が欠かせません。

 

と思っていたのですが、実は、ボーズはお正月料理でした。

 

ナーダムに欠かせないのは

「ホーショール」

でした。

 

揚げたてホーショール。

一緒に飲んだのは干しブドウを砂糖と煮て作るブドウジュース。

f:id:yuki12-99:20150717171624j:plain

ナーダム会場の周りの簡易食堂はホーショール屋さんしか見当たりませんでした。

手作りで食堂のみなさんがホーショールをせっせとこしらえ

f:id:yuki12-99:20150717171703j:plain

お客さんはアツアツを頬張っていました。

 

お店によって牛肉だったり羊肉だったり

肉少なめだったり、肉厚だったり、、、

 

わたしは肉厚派になってました。

日本から来た友達は肉薄め派。

 

ホーショールのサイズや形は、いつも病院の食堂で食べるものと変わりませんでした。

食堂ではいつも1枚800トゥグルグのホーショール。

ナーダムではどこも1000トゥグルグでした。

お祭りの焼きそばと一緒ですね。

 

揚げたて美味しかったです!!